So-net無料ブログ作成

ルームシェア 私立探偵・桐山真紀子 [法月綸太郎]

元々は宗形キメラ名義にて発表された本作。
私は二階堂さんのホームページで秘密プロジェクト
としてお知らせが出ていて、楽しみにしていました。

愛川晶さんとの合作「白銀荘の殺人鬼」や
黒田研二さんとの合作「キラーエックス」など
非常に楽しめたので、さて今回の合作はと
発売予定表を観つつ、早く発売されないものかと
楽しみでした。

さて本作は警視庁を辞めて私立探偵となった
女性・桐山真紀子が主人公となります。
彼女は埼玉県知事の警護で銃弾を受け、
リハビリ中だった。
そんな時、姪の早麻理からネットで見つけたルームメイトが
居なくなったから探してほしいと頼まれる。
そのルームメイトの部屋に入ると、
ポスターに隠された壁一面に罵倒や呪詛の言葉が
書き殴られていた・・・

物語は真紀子視点で進みます。
最初は些細な事だと思っていた事が、
とてつもなく大きな事件へと繋がっていく、それの
王道をいってます。
時折つぶやく独り言や間で話される彼女の過去なども
作品全体の雰囲気と合っていて良かったです。
現在の人間関係やネットによる簡単な「希薄な共同生活」
などの問題点なども述べつつ、
大きな2つのトリックもありと、サクサク読み進められました。

ところで二階堂さんがあとがきで書かれているように、
本書の1つのトリックは法月綸太郎さんの
「犯罪ホロスコープ-六人の女王の問題」
のとある短編で使用されています。
僕はこれ既読でしたが、気になりませんでした。
(それだけ鈍い証拠か・笑)
それと、リハビリ中ですが、当麻の行方を追うために、
交換条件としてストーカーを捕まえてほしいとの依頼を受けます。
見事に彼女はその正体をつかみ、捕まえるのですが、
このちょっとした事件も実は大きな伏線。

すでに次作「レクイエム」も出ていてそちらも楽しみ。

ところで、本作で思わず人前でもニヤニヤと不気味に
笑ってしまった事があります。
まず真紀子のかつての警視庁の同僚が馬田権之助警部補。
う~む、どこかで聞いたような・・・
そして早麻理との潜入捜査で登場する「アンタレス旅行社」。

そしてそして、馬田の家にあるグラスとマドラーに気付いた真紀子、
それを質問すると馬田から、「後輩の水乃からもらったんだ」という
衝撃の発言が!(笑
そう、僕の大好きな水乃サトルがまさかの登場。
これ世界観が繋がっているんでしょうかねえ。
しかも、馬田は難航していた事件の謎をサトルのある発言で
解くことができたと言うのですが、
その馬田の発言でこの失踪事件の真相に真紀子がたどり着くのです。
なんという名探偵(笑
桐山さん、名探偵気取りではなく、本当に名探偵です(笑



ルームシェア 私立探偵・桐山真紀子 (講談社文庫)

ルームシェア 私立探偵・桐山真紀子 (講談社文庫)

  • 作者: 二階堂 黎人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/08/12
  • メディア: 文庫



東尋坊マジック

東尋坊マジック

  • 作者: 二階堂 黎人
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2011/08/18
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 1

コースケ

モモッパラ2号さま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2011-09-06 23:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0