SSブログ
今村昌弘 ブログトップ

屍人荘の殺人 [今村昌弘]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

神紅大学ミステリ愛好会会長であり『名探偵』の明智恭介とその助手、葉村譲は、
同じ大学に通うもう一人の名探偵、剣崎比留子と共に曰くつきの映研の夏合宿に参加するため、
ペンション紫湛荘を訪れる。初日の夜、彼らは想像だになかった事態に見舞われ、
荘内に籠城を余儀なくされるが、それは連続殺人の幕開けに過ぎなかった。
たった一時間半で世界は一変した。数々のミステリランキングで1位に輝いた
第27回鮎川哲也賞受賞作!

以下、ややネタバレ。






新本格の嚆矢である綾辻行人先生の『十角館の殺人』を思わせるような、
クローズド・サークルでの事件に、
昨今(?)流行りのパニック・ホラーを組み合わせた作品。

パニック・ホラーの象徴たるゾンビが突如登場しますが、
きっかけは本シリーズの核になりそうな「斑目機関」なる組織。

しかし、このゾンビが突如襲ってくるという設定は、
パニック小説らしさを出しているかというと、全くそんな感じはありません。
これが良いのか悪いのか判断に苦しみますが、
あくまでも本書のクローズド・サークルの大きな設定に留まっている印象です。

ただし、この設定を相当に活かしたトリックが用いられているのは確かで、
最初の殺人と次の殺人については、この設定により群を抜いてます。

一方で、犯人はこの偶然生じた事態が起こらなければ、どうするつもりだったのだろうと
いうのも少し感じたところ。
偶然を実にうまく計画に入れているのですが、あらかじめ起こることが予想されていない
ため、本来の計画はどうであったのか(それも周到に練られたものなのか)などは
不明瞭なままでした。

個人的には最初の殺人が一番唸ってしまいましたが、
あとは明智恭介の扱いは、もっとどうにかならなかったのかと思いました。


屍人荘の殺人 (創元推理文庫)

屍人荘の殺人 (創元推理文庫)

  • 作者: 今村 昌弘
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2019/09/11
  • メディア: 文庫



屍人荘の殺人 屍人荘の殺人シリーズ (創元推理文庫)

屍人荘の殺人 屍人荘の殺人シリーズ (創元推理文庫)

  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2019/09/13
  • メディア: Kindle版



nice!(7)  コメント(8) 
今村昌弘 ブログトップ