SSブログ
大倉崇裕 ブログトップ

福家警部補の追及 [大倉崇裕]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

善良な”犯人たちの完全犯罪に隠された綻びを、福家警部補はひとり具に拾いあげながら
真相を手繰り寄せていく――。未踏峰への夢を息子に託す初老の登山家・狩義之は、
後援の中止を提言してきた不動産会社の相談役を撲殺、
登り慣れた山で偽装工作を図る(「未完の頂上」)。
動物をこよなく愛するペットショップ経営者・佐々千尋は、
悪徳ブリーダーとして名を馳せる血の繋がらない弟が許せず、
遂には殺害を決意する(「幸福の代償」)。――
ふたりの犯人を追い詰める、福家警部補の決めの一手は。
「刑事コロンボ」の系譜に連なる倒叙形式の本格ミステリ、シリーズ初の中編2編からなる第4集。

以下、ややネタバレ。






シリーズ初となる中編集ですが、倒叙ミステリは、犯人をいかに追い詰めていくのかを、
丁寧に丁寧に、それでいて、読者へは少し隠すという中々難しい叙述を求められるのです。

かつて刑事コロンボのノベルズ版(二見書房刊)が、ほぼ全て長編で刊行されていたように、
本来は長編向きのスタイルなのかもしれません。

本書に収められtた2編は、いずれも犯人側としては、他に取りようがないため
殺人を犯しますが、犯人の思惑は関係なく、福家の捜査は常に不変。

「未完の頂上」は、犯人を追い詰めるのに、犯人に最も親しい、そして守りたい人物を
攻めるという、今までのシリーズとは少し違う方式です。
むろん、福家は犯人の自白を見据えてでしょうが、仮に犯人を追い詰めるとしたら、
他に方法はなかったかなあ・・・と少し考えてしまいました(笑
基本は理詰めで来ているので、福家にしては珍しく情で最後は来たなと言う。

ところで本作では、福家が山登り・ボルタリングでも異常な凄さを発揮したり、
彼女のとの会話や、彼女の何気ない一言で、接した人物たちに良い変化が訪れる
場面が描かれます。
ここは賛否両論あると思いますが、福家を完璧な探偵にしつつある感もあって、
もっと抜けている感を出してもらっても良いのでは、と思いました。

その点、「幸福の代償」では犬が苦手という得手不得手が描かれているのが好印象。
本作は「犬が鳴かなかった」という一点から、一気に事件を再構成していくのが見事。
動物が登場ということで、あの須藤警部補が再び登場!薄巡査は研修だそうです。
薄巡査と福家のコラボはいつ読むことができのか、楽しみで仕方ない(笑
ラストの犯人の追い詰め方も、私はこちらの方が断然好きですね。

読んでいる時間は実に至福でした。続編も楽しみにしています。


福家警部補の追及 福家警部補シリーズ (創元推理文庫)

福家警部補の追及 福家警部補シリーズ (創元推理文庫)

  • 作者: 大倉 崇裕
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2020/05/20
  • メディア: Kindle版



nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:

クジャクを愛した容疑者-警視庁いきもの係 [大倉崇裕]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

学同院大学で起きた殺人事件の容疑者は、クジャク愛好会の奇人大学生!
だが無実を信じる警視庁いきもの係の名(迷)コンビ、窓際警部補・須藤友三と
動物オタクの女性巡査・薄圭子はアニマル推理を繰り広げ、
事件の裏側に潜むもうひとつの犯罪を探り当てる!?
表題作と「ピラニアを愛した容疑者」「ハリネズミを愛した容疑者」の傑作中編3本を収録!

シリーズとしても円熟期に達しつつあるいきもの係ですが、
本書はこれまでのシリーズとはひと味違う試みがなされています。

まず大きいのはいきもの係に3人目が配属されたことでしょう。
「ピラニアを愛した容疑者」で登場した所轄署の刑事・芦田巡査部長。
彼に与えられた大きな役割は運転手。
私としては、毎回繰り返されるタクシー運転手とのやりとり、楽しみだったのになあ(笑
3回に1回くらいはタクシー使う場面を描いてほしい。

そして、もう一つは「ピラニア」と表題作「クジャクを愛した容疑者」のラスト。
これまでは事件解決→コメディタッチな終わり方があったのですが、
この2作は、あの刑事コロンボのような終わり方をしています。
作品が実は繋がっている<福家警部補>を逆輸入したのかもしれませんね。

もっとも薄巡査のキャラクターや聞き間違いは全く変わりませんのでご安心を(笑

「ハリネズミを愛した容疑者」が公安との関わりもあり、事件含めて面白いのですが、
前2作の犯人との直接対決は中々読み応えがあり、どの作品も甲乙付けがたい。
つまり、どれも楽しめるということです(笑)

次々と動物たちが増えますが、須藤警部補がお世話をする所もぜひ読んでみたいものです。


クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)

クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)

  • 作者: 大倉 崇裕
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/06/13
  • メディア: 文庫



クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)

クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/06/13
  • メディア: Kindle版



nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:

ペンギンを愛した容疑者 [大倉崇裕]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

「人間の視点で物を考えないでください」 動物オタクの天然系巡査・薄圭子のアニマル推理が大爆発!
ペンギン、ヤギ、サル、ヨウム……現場に残されたペットの生態から、
常識はずれの発想で真犯人をあぶり出す。コンビを組む元捜査一課の鬼刑事・須藤友三も、
薄を認め始めるが。大好評シリーズ、待望の第3弾。

ドラマ化に合わせて過去作の表紙がリニューアルされましたね。
相も変わらず須藤警部補&薄巡査のコンビは見事にペットの世話から
事件を探り出し、解決します。
しかし、そんな「いきもの係」の活躍に対して、所轄や捜査一課などなど、
本来殺人事件を捜査する部署の輩から良く思われていない様子・・・
それだけ彼らの活躍が知れ渡っているのでしょうが、
「いきもの係」設立を主導した鬼頭管理官や石松警部補が止められるのか、
次作以降はそこも心配です。

本書オススメは「サルを愛した容疑者」
二転三転するミステリで、「モルグ街の殺人」を彷彿とさせる内容。

それにしても「小鳥を愛した容疑者」から「蜂に惹かれた容疑者」までが5年(文庫化まで)
とシリーズとしては非常に遅い歩みで進行していましたが、
ここにきて、最新作「クジャクを愛した容疑者」と立て続けに出ていることに驚き。

動物の生態について勉強した上でなければ、このミステリは書けないので、
大倉さん自身、相当な知識を蓄えた上で執筆されているのでしょう。
その点もすごいですね。


ペンギンを愛した容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)

ペンギンを愛した容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)

  • 作者: 大倉 崇裕
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/06/15
  • メディア: 文庫



ペンギンを愛した容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)

ペンギンを愛した容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/06/16
  • メディア: Kindle版



nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

蜂に魅かれた容疑者 [大倉崇裕]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

新興宗教団体にかかわる事件で警視庁が緊張に包まれる中、都内近郊ではスズメバチが
人を襲う事故が連続して発生。中には、高速道路を走る車内に蜂が放たれるという悪質な事例も。
平穏な日常を脅かす小さな「兵器」に、窓際警部補・須藤友三と動物大好き新米巡査・薄圭子の
「警視庁いきもの係」コンビが立ち向かう。

新興宗教団体にかかわる事件で、須藤警部補を総務部総務課(動植物係)への
異動を命じた鬼頭管理官が撃たれて入院するというやや衝撃的な事件から物語は
始まります。

新興宗教の事件と都内近郊の蜂被害とが、一体どういう関係なのか、
これが最後まではっきりと結びつかず、最後の最後まで一番大きな謎として
残ります。これが実に上手い。
蜂によって都内をパニックに陥れる、という所までは推理できるものの、
それにより新興宗教団体本部への強制捜査を防ぐことが、どうしてもイコールで
繋がらないのです。

また須藤警部補は最後にある「どんでん返し」な推理を思いついてしまうのですが、
これが真相への伏線として極めて有効で、「小鳥を愛した容疑者」から続く
本シリーズの大きな仕掛けだったのか!と思わずうなってしまいました(笑

本書では「動植物係」誕生の話、さらには次作との絡みなども盛り込まれています。

ところで、薄巡査の制服姿はどこへ行っても勘違いされるようで、
ここは全くビジュアルが浮かばず、わかりにくい(苦笑

次作も楽しみです。


蜂に魅かれた容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)

蜂に魅かれた容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)

  • 作者: 大倉 崇裕
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/01/13
  • メディア: 文庫



蜂に魅かれた容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)

蜂に魅かれた容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/01/13
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

福家警部補の報告 [大倉崇裕]

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、2017年一発目は、昨年読了済み本から。
そしてまずはAmazonさんの紹介ページから。

今や生殺与奪の権を握る営業部長となった元同人誌仲間に干される漫画家、
先代組長の遺志に従って我が身を顧みず元組員の行く末を才覚するヤクザ、
銀行強盗計画を察知し決行直前の三人組を爆弾で吹き飛ばすエンジニア夫婦―
過去数々の修羅場をくぐり抜けてきた経験は、殺人事件に際しても活かされる。
福家警部補はどこに着眼して証拠を集めるのか。三編収録のシリーズ第三集。

本書第2編の「少女の沈黙」の菅原巽が、本作では
最も同情してしまうなあ・・・
彼の血のにじむような努力は本当にすごいです。
ラストは対立していた組から逃亡ルートまで提供されるという、
菅原の良さが際立った上で、福家に逮捕され終幕。
情状酌量は厳しいか。

この「少女の沈黙」では福家の推理がいかんなく発揮されますが、
それ以上に、組対の志茂巡査部長をやり込めたり、
組関係者へも名前が知れ渡っていたりと、ちょっと意外な一面も見えます。


「禁断の筋書」と「少女の沈黙」、どちらの作品でも
犯人にとって思い出深い物が逮捕の決め手となっています。
ただし前者はそれを知っていて福家の罠にはまり、
後者は最後に外れなかった指輪がとれるという、全然違う結末なのが対照的。

ところで、本作には総務部総務課の須藤警部補という人物が
度々登場します。
う~む、聞いたことがあるような・・・
福家と彼の会話に「薄」という人物が登場したことでようやくわかりました(笑

これは大倉さんの別シリーズ(動物シリーズ)の主人公とワトソン役?ではないですか。
シリーズコラボとはうれしい。『蜂を愛した容疑者』(文庫版)は今月発売です!

そして最終作「女神の微笑」は、爆弾で悪党を吹き飛ばす「仕事」?をしている
老夫婦が犯人であり主役。
この事件では、最後に老夫婦に逃亡されてしまい、福家に
「楽しかったわ、また会いましょう」というメールを残して終幕。
次作以降、この老夫婦は福家のライバルとして登場するのでしょうか?


福家警部補の報告 (創元推理文庫)

福家警部補の報告 (創元推理文庫)

  • 作者: 大倉 崇裕
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2016/12/12
  • メディア: 文庫



福家警部補の報告 (創元推理文庫)

福家警部補の報告 (創元推理文庫)

  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2016/12/12
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

丑三つ時から夜明けまで [大倉崇裕]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

犯行現場は完全なる密室、容疑者には完璧なアリバイ―こんな事件、
犯人は幽霊以外ありえない!霊能力者ばかりを集めた静岡県警捜査五課は、
そんな不可能犯罪に出動する特殊部隊だ。捜査一課の刑事である私と上司の米田は、
今日も難事件の現場で五課の七種課長と丁々発止の推理合戦を繰り広げるのだが…。
驚愕の設定と二転三転する真相。異色ユーモアミステリー。

設定がとてもおもしろいです。
幽霊の犯行を捜査する霊能者集団の捜査員、どの方も風変わりです。
彼らにことある事に反発する主人公の上司・米田も、ある事件では
エライ目に・・・(笑

幽霊が犯人ならば何でも可能ではないかと思いがちですが、
そこがうまく説明されていて、幽霊による事件でも
論理的説明がなされているというのがまたおもしろい。

今年はミステリの更新は最後かもしれませんね。
恒例の年末記事を書くかどうするか・・・


丑三つ時から夜明けまで (光文社文庫)

丑三つ時から夜明けまで (光文社文庫)

  • 作者: 大倉 崇裕
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2013/11/08
  • メディア: 文庫



nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

福家警部補の再訪 [大倉崇裕]

最近ミステリというか本を購入するのみで積ん読状態でして、
この三連休はじっくり読もう~と思ってましたが、たいして読めず、
ほとんど寝てました・・・

ずいぶん前に購入した本書は寝る前に読んでいて、読了。

刑事コロンボ、古畑任三郎に続く倒叙本格ミステリの第三弾。
かつて永作博美さんでNHKがドラマ化したのです。
あれはシリーズ化してよいだろう・・・なぜしないのだ。

現場に来れば記者に間違えられ、聞き込みに行けば宗教の
勧誘に間違えられる・・・そして今回は手帳まで紛失という
本当にこの人は捜査一課の刑事なのか?と道行く人にまで
疑われてしまう福家警部補、再び。

どの事件も非常におもしろく、そして犯人の完全犯罪の「誤算」を
見事に見抜く警部補の推理は見物です。

その中でも「相棒」がオススメ。
なぜコンビ解消を師匠の命日まで延ばすと頑強に言い張ったのか?
犯人さえも知らない被害者のある謎が明かされます。
個人的にこの殺人は納得できないなあ。
もっと話し合っていれば・・・と思います。

そして本作では福家にちょっとした協力者が登場。
京都で古物商を営む新開栄氏。
なかなかこの人が良い味を出している。
「あんなんに狙われたら、犯人もたまらんで」との名言を残します(笑

「マックス号事件」は時間の制約も絡む事件で、
最後の逮捕がとても鮮やかです。

やはりドラマ化をしてもらいたい。連続ドラマでなく、単発SPで。

全く関係ないのですが、『新・刑事コロンボ』を早く全部をDVD化して
もらいたい・・・
今ファイルで発売されていますが、いかんせんやや高いですし、場所も取る。
どうして一部のみしかされてないんですかねえ・・・


福家警部補の再訪 (創元推理文庫)

福家警部補の再訪 (創元推理文庫)

  • 作者: 大倉 崇裕
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2013/07/20
  • メディア: 文庫



福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)

福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)

  • 作者: 大倉 崇裕
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2008/12
  • メディア: 文庫



nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

小鳥を愛した容疑者 [大倉崇裕]

ぜひともシリーズ化を希望する一冊。
まずはAmazonさんの紹介ページから。

警視庁捜査一課で活躍していた鬼警部補・須藤友三。
ある現場で銃撃を受けて負傷し、やむなく最前線を離れることに。
数ヵ月後、リハビリも兼ねて容疑者のペットを保護す
る警視庁総務部総務課動植物管理係に配属され…た途端、今まで静かだったこの部署に、
突如、仕事の依頼が次々と舞い込む。
刑事時代にはあり得なかった現場、に“驚愕”の須藤。動植物保護だけのはずが、
なぜか事件の捜査にまで踏み込むハメになり、腕がなる!?
元捜査一課・鬼警部補の前に立ちはだかったもの。それは可愛くも凶暴な小鳥だった--

容疑者となった者の家で飼われていた動植物たち。
確かにどうするのか、どうなるのかよくわかりませんね。
実際の制度はどうなってるんだろうか。

とまあ現実的な感想は置いておき(笑
実におもしろいです。
新米巡査の薄圭子巡査は動植物の事には類い希なる知識と推理を
発揮しますが、それ以外はからきしダメ。
そこを鬼警部補の須藤がフォローしつつ、
容疑者あるいは被害者の飼っていた動物から見事に事件を解決してしまう。
捜査一課顔負けのコンビです。
とにかく登場する動物の蘊蓄がたくさん出てきたり、
毎度須藤が薄巡査に会いに行くと別の動物が保護されていて
一悶着あったりと。
事件の方も一見単純に見えるものの、そこを薄巡査が動物視点(?)
で見抜いていきます。

そしてこの須藤の異動と薄巡査採用そして彼らへの事件依頼に
絡んでいたのが、タヌキ、ではなく(笑)鬼頭管理官。
彼がどういう考えで須藤を配置したのか、薄巡査を採用したのか?
単に須藤のリハビリだけとは思えません。
ぜひ続編でこのタヌキ管理官の真意も知りたいところです。

ところで「福家警部補」第二弾の文庫化はまだなのかなあ。



小鳥を愛した容疑者 (講談社文庫)

小鳥を愛した容疑者 (講談社文庫)

  • 作者: 大倉 崇裕
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/11/15
  • メディア: 文庫



nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

福家警部補の挨拶 [大倉崇裕]

新年明けましておめでとうございます。
本年も続けていけたらお願いします(笑

新年の一発目はやはりミステリからということで。
「相棒」とも迷いましたが、やはりこちら。

今日ドラマで原作より先駈けて観てしました~まだ原作は読んでないのです(所持してます)

本作は刑事コロンボや古畑任三郎に続く倒叙ミステリ。
犯人が最初にわかり、それを探偵役が追いつめていく、その解決の流れを我々は楽しむわけです。

刑事コロンボはもう日本では知らない人がいないと言っていいほど浸透していますよねえ。
NHKでは全話をノーカット放送するようなので、ぜひぜひ!
僕のお薦めは・・・
う~ん、悩みますね。「別れのワイン」とか言いそうですが、
「5時30分の目撃者」と「13秒の罠」の2作をあえて挙げます。
どちらもたぶん小説で読んだんですけど、なかなか見事なのですよ。
前者は映像化もされてますが、犯人に有無を言わさずの証拠をつけつけるところが見事。
犯人しか知り得ない情報をしゃべらされてしまうわけですねえ。

古畑任三郎も知らない方はいないかなあ。
ドラマの作りもそうですが、相棒(?)である今泉刑事とのやりとりも見応えあります(笑

オススメ・・・悩みますねえ。
いわゆる倒叙ミステリとしては弱いかもしれませんが「しゃべりすぎた男」かなあ。
古畑が突きつけた証拠はちょっと弱い。犯人しか知り得ないとしてもごまかしがきくのではないかと思います。
ただこれは小説とは違い、映像だからこその魅力でしょうが、
あの法廷での対決シーンは圧巻です。
「ネコがいる家に花瓶は普通ありません」とかってフツーに言ってますが、
反論出来ますよねえ(笑
しかしそこを反論させない古畑警部補の見事なまでの犯人への追及。
倒叙としては弱いですが、テレビとしては傑作です。

後一つは、刑事・野呂盆六
TBSで以前ドラマ化していましたが、近年テレビ朝日で復活してます。
主演はどちらも橋爪功さんという局の違いの垣根を越えた作品です。
これは2時間ドラマなんですが、出来は十分です。プロットなどもよく練っていて見応えあります。
また今月あるようなので楽しみです。

さてさて福家警部補ですが、創元推理から出ている短編集の中の一編「オッサムの剃刀」
これも上記述べたように犯人しか知り得ない情報を使って最後は追いつめました。
タバコとメガネが盗まれた事を指摘したのはビビった(笑)いや、あれはすごい推理だ。

ドラマ全般でいうとコメディタッチで描かれていて(小松政夫さんが電線音頭とか・笑)
それはそれで楽しめたのですが、内容も十分に楽しめました。
永作博美さんの演技、素晴らしかった。
各登場人物がどれもくせ者でしたねえ。

しかし倒叙ミステリの探偵役はどこかおかしな人というのがお決まりなんでしょうかね。
コロンボ、古畑、福家とみ~んな変わってるしなあ。
犯人を油断させるためにわざとバカなふりをしている、稚拙であることを全面にだし、有名な学者や
名前の知られた人物が犯した犯罪を解いていく。そこにもまた見応えがあるのでしょうか。
再ドラマ化、期待したいですね。

しかしNHKは正月に良質なミステリドラマを放送してくれてありがたいものです。
昨年の「赤富士鷹」に引き続きですからねえ。
ポワロの新作待ってます。


福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)

福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)

  • 作者: 大倉 崇裕
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2008/12
  • メディア: 文庫



刑事コロンボ 完全版 コンプリートDVD-BOX

刑事コロンボ 完全版 コンプリートDVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • メディア: DVD



警部補 古畑任三郎 1st DVD-BOX

警部補 古畑任三郎 1st DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



古畑任三郎 2nd season DVD-BOX

古畑任三郎 2nd season DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: フジテレビ
  • メディア: DVD



古畑任三郎 3rd season DVD-BOX

古畑任三郎 3rd season DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



古畑任三郎 すべて閣下の仕業 [DVD]

古畑任三郎 すべて閣下の仕業 [DVD]

  • 出版社/メーカー: フジテレビ
  • メディア: DVD



古畑任三郎FINAL DVD-BOX

古畑任三郎FINAL DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
大倉崇裕 ブログトップ