So-net無料ブログ作成
川瀬七緖 ブログトップ

女學生奇譚 [川瀬七緖]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

この本を読んではいけない――奇妙な警告文の挟まれた古書が
オカルト雑誌の編集部に持ち込まれた。
古書の持ち主だった兄が数カ月前に失踪し、現在も行方不明だと竹里あやめは訴える。
フリーライターの八坂駿がその本を少しずつ読み始めると、周囲で不気味な出来事が続く。
いたずら? 狂言? それとも……。
八坂はペアを組むカメラマンの篠宮、依頼人のあやめとともに、古書の謎を追う。

以下、ややネタバレあり。


川瀬さんの作品は「よろづのことに気をつけよ」以来2作目。
前作は期待外れだったんですよねえ・・・

本作もオカルト系という伝承系とミステリの組み合わせだと思いましたが、
「女學生奇譚」を読みながら、謎を解いていく八坂&篠宮コンビは好感が持てます。

女学生たちがどこへ連れて行かれたのか、その真相を看破し、
奇譚に描かれている屋敷や遺骨を発見するまでは、1つのミステリとして
かなり面白かったです。

ただ、ここからが問題。
というか、最初に「この本を読んではいけない」という警告文から
全てが始まっているのですが、
途中途中に挟まれる八坂を襲う不可思議な現象。
唐突に登場する八坂の双子の弟。

このあたりの伏線を一気に回収するのが、最後の謎解き&真犯人の登場なんですが、
これは蛇足だったような気がします。

むしろオカルト系ライターとしての八坂とカメラマン篠宮コンビを主人公とし、
こうした奇書の謎を解いていくシリーズとした方が良かったのではないでしょうか。

シリーズを重ねていく上で、八坂の弟の存在や、彼の持つ特殊な性格、
それらを匂わせながら、本作の展開にもっていった方が、まだ受け入れやすい。

物語がタイトルの「女學生奇譚」から、一気に乖離していくのが非常に残念。
ただ、「この本を読んではいけない」は八坂の興味を惹くだけでなく、
読者の興味も惹くので、無かった方がいいかと言えば、微妙なところ。

「女學生奇譚」という奇書をめぐるミステリとしては快作。
しかし、全体としてみると、陰謀論のような、残念な作品な気がしました。



女學生奇譚 (徳間文庫)

女學生奇譚 (徳間文庫)

  • 作者: 川瀬七緒
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2019/07/05
  • メディア: 文庫



女學生奇譚 (徳間文庫)

女學生奇譚 (徳間文庫)

  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2019/07/05
  • メディア: Kindle版



nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:

よろずのことに気をつけよ [川瀬七緖]

第57回江戸川乱歩賞受賞作。

単行本発売当時から気になっていて、
ようやく文庫化されましたので、早速購入しました。
Amazonでのレビューがあまり良くなかったのでどうかなあ・・・とは
思いつつ。

まずはあらすじ
都内に住む老人が自宅で惨殺された。奇妙なことに、遺体は舌を切断され、
心臓をズタズタに抉られていた。さらに、縁の下からは「不離怨願、あたご様、五郎子」
と記された呪術符が見つかる。なぜ老人はかくも強い怨念を受けたのか?
日本の因習に絡む、恐るべき真相が眼前に広がる!第57回江戸川乱歩賞受賞作。

酷評されるほどひどいとは思いませんでした。
まあ普通に読めましたが、以下雑感。


最後も一気に物語が解決しますが、ここはあっけないというか、
終わり方としてはどうなんだ、と。
半世紀近くにもわたって呪いを続けてきたのに、
あの終わりはどう考えてもおかしいだろう。

主人公とヒロインの過去が途中挿入されるのですが、
それが分かりづらい、かつ中途半端なため、何が言いたいのか
いまいち分からず。取って付けた感じです。

怪奇や幻想といった非科学的あるいは非合理的な面(呪術)
と合理的な面(現実の殺人)の組み合わせは
いかに整合性や両者で合理的なロジックを作るのか、
あるいは非科学的な側面もかなり残しつつも、
現実に起きた事件は合理的に解決するという、
まあいくつか方法はあると思うのです。
(上記整理は私の個人的見解です・苦笑)

本書はその二つを持ち合わせているわけですが、
どちらもうまく活かしきれていないのが難点かなあと
個人的には感じました。



よろずのことに気をつけよ

よろずのことに気をつけよ

  • 作者: 川瀬 七緒
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/08/09
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
川瀬七緖 ブログトップ