SSブログ

皇帝と拳銃と [倉知淳]

まずはAmazonさんの紹介ページから。

教えてくれないか。いつから私は疑われていたのだね
警部から逃れられる殺人者は存在しない。〈刑事コロンボ〉の衣鉢を継ぐ警察官探偵、登場。

私の誇りを傷つけるなど、万死に値する愚挙である。絶対に許してはいけない。
学内で“皇帝"と称される稲見主任教授は、来年に副学長選挙を控え、
恐喝者の排除を決意し実行に移す。犯行計画は完璧なはずだった。そう確信していた。
あの男が現れるまでは。全四編を収録した、著者初の倒叙ミステリ・シリーズ、待望の文庫化。
〈刑事コロンボ〉〈古畑任三郎〉の衣鉢を継ぐ警察官が、またひとり誕生する。


以下、ややネタバレ。






刑事コロンボ、古畑任三郎、野呂盆六、福家警部補、彼彼女らに続く倒叙ミステリの
名探偵が登場です。
しかも、作者は猫丸先輩の倉知淳先生。

表題作が一番の出色です。倒叙ミステリとしても、乙姫警部の推理としても。
コロンボ「二枚のドガの絵」に構図としては近い受けました。
それはまあ証拠が同じだからなのでしょうね。

最初の「運命の銀輪」は、容疑者伊庭の最後のあがきが、実は状況証拠ばかりで、
決定的な物的証拠がないことを物語っています。
まあ、これは愚考でしかないのですが、やはり倒叙ミステリ最初の作品は、
犯人を徐々に徐々に追い詰めていく、そして最後の一撃を加えるというのが
良かったなあと。
鈴木刑事の反論も、確かにその通りなのですが、果たして追い詰められるかどうか・・・

「恋人たちの汀」は、最後の一撃はかなり見事なのですが、
このアリバイ工作は危なすぎるよなあ。

「吊られた男と語らぬ女」は、ラストに相応しい作品です。
相内伽也のコンプレックス(何らかの病気?)をも見通した乙姫警部が、
彼女に語る言葉に心打たれます。

さて、本シリーズはこの後も続いていくんでしょうか。
「このミス」「本格ミステリ・ベスト10」いずれでも倉知さんはこの続編には触れていない
ため、すぐには出なそうですが、乙姫警部の活躍をこの1冊だけではちょっともったいない。
ぜひ続編をお願いします。





皇帝と拳銃と (創元推理文庫)

皇帝と拳銃と (創元推理文庫)

  • 作者: 倉知 淳
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2019/11/11
  • メディア: 文庫



皇帝と拳銃と (創元推理文庫)

皇帝と拳銃と (創元推理文庫)

  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2019/11/15
  • メディア: Kindle版



nice!(4)  コメント(4) 

nice! 4

コメント 4

コースケ

鉄腕原子さま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2019-12-30 02:33) 

コースケ

@ミックさま、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2019-12-30 02:34) 

コースケ

31様、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2019-12-30 02:34) 

コースケ

むうぴょんこ様、nice!ありがとうございます!
by コースケ (2019-12-30 02:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。